Tシャツ

白色のTシャツに関して

黄色のTシャツ

夏と言えば短パンに白色のシャツという定番のスタイルがありますが、プリントTシャツであればまずないのですが、通販などで白色の無地のTシャツを買う場合注意してほしいことがあります。
それは男女ともにそうなのですが、男であれば乳首が透けたりふくらみが見えてしまう分厚さを買ってしまうこと、女性であればブラジャーの色が透けて見えてしまう分厚さのTシャツを買ってしまうことです。
大体通販で無地の白色のTシャツを買うとして9オンス以上の分厚さがあれば全く問題なくクリアできる問題ですが、分厚目のヘビーオンスと謳っている商品(7オンス以下)でも意外と問題がクリアできないことがありますので、注意して下さい。
ヘビーオンスなのに乳首が透ける、ブラジャーが透けるという現象が起こるので困りものなのです。
9オンス以上の分厚さを頭に入れておいてください。
因みに量販店の白色のカラーTシャツなどは論外です。
黒色や紺色、薄い色ですとミックスグレーなどは絶対に乳首やブラジャーは透けませんが、白色はダメです。
男の乳首に関してはプリントTシャツで透けることはほぼ無いですが、女性のブラジャーの場合は注意が必要です。
そもそもブラジャーが白色でしたら問題がないのです。

おすすめの情報

青色のTシャツ

簡単で気軽にできるTシャツ作成

何枚あってもまた欲しくなる、それがTシャツの魅力であり特徴ではないでしょうか。ジーンズにTシャ…

MORE

黒色のTシャツ

Tシャツを通販で購入する2つのメリット

Tシャツを購入する時は衣類店まで出向くのが基本でしたが、最近ではスマホを持っている人が多いので…

MORE

黄色のTシャツ

白色のTシャツに関して

夏と言えば短パンに白色のシャツという定番のスタイルがありますが、プリントTシャツであればまずな…

MORE

ニュース

緑色のTシャツ

大人のTシャツの着こなしポイント

もともとTシャツは、襟がないことからカジュアルな洋服のアイテムのひとつです。でも、いまでは、デザインや素材など様々で、カジュアルだけの印象ではありません。有名ブランドのTシャツですと、4~5万円…